スポーツ

100キロ、459人完走 沖縄ウルトラマラソン 沿道から声援

一斉に駆け出すランナーら=15日午前5時、与那原町のマリンプラザかねひで東浜店駐車場(又吉康秀撮影)

 【南部】南部4市町を走破する「第4回沖縄100Kウルトラマラソン」(同実行委主催、琉球新報社共催)が15日、与那原町の与那古浜公園を主な発着点に開催された。沿道からの声援を受け、晴れ渡った青空の下で676人が完走した。

 100キロの部は719人が参加し、459人が完走した。50キロの部は157人が参加し、134人が完走。22・5キロの部(ニライカナイラン&ウォーク)は90人が参加し、83人が完走した。

 100キロの部は夜明け前の午前5時にスタート。ヘッドライトの光を頼りに走りだし、午前6時半ごろ、南城市知念周辺で日の出を迎えた。沿道では地域の住民が特産品などを振るまい、ランナーに声援を送った。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス