スポーツ

佐々宜央HCが退任 キングス発表 心身の疲労で継続難しく

プロバスケットボールBリーグの琉球ゴールデンキングスを退任することが発表された佐々宜央HC

  プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングスは16日、佐々宜央HCが退任すると発表した。心身の疲労困憊(こんぱい)で任務を続けることが難しいという。
  
  佐々HCは2017年5月にキングスのHCに就任。同年から2季連続の西地区優勝とチャンピオンシップ(CS)進出に貢献し、18―19シーズンはCS準決勝まで進出した。【琉球新報電子版】

  佐々宜央HCのコメントは以下の通り。(球団ホームページより原文のまま)
  
  とてもお伝えしづらいですが、ヘッドコーチを退任させていただきます。大変申し訳ございません。このような決断にならないようにチーム関係者には多くの時間を費やして相談にも乗って頂きましたが、自分自身の判断を優先して、退任を受け入れていただきました。どんな試合でも、エナジーと闘志を持ってコートに立ち、皆さんと戦えたことが一番の誇りです。そして一緒に戦ってくれた選手たちにも、本当に感謝でいっぱいです。

  沖縄大好きです!これからも琉球ゴールデンキングスを応援し続けます!


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス