政治

にぬふぁぶし2人擁立 来年の県議選 新人の翁長、大城氏

(左から)翁長雄治氏、大城民夫氏

 保守・中道系市町村議員らでつくる政治団体「新しい風・にぬふぁぶし」共同代表の金城徹氏は24日、県庁で会見を開き、来年6月の県議選に向けて候補者2人を擁立すると発表した。にぬふぁぶしが県議選で候補者を擁立するのは初めて。

 擁立するのは那覇市議で新人の翁長雄治氏(32)=那覇市・南部離島区と、同じく新人の大城民夫氏(54)=島尻・南城市=の2人。会見で金城代表は「保守・中道、革新、市民が結集する『オール沖縄』の中で、我々は保守中道の立場で存在感を示していく」と述べた。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス