社会

防御服の作業員が出発 殺処分する豚の埋却作業開始へ 沖縄で豚コレラ

防護服に着替え、埋却場所に向かう準備をする沖縄県建設業界の関係者ら=8日午前8時50分ごろ、うるま市の具志川総合体育館

  沖縄県うるま市の養豚場で豚コレラ(CSF)の感染が確認されたことを受け、殺処分される豚を埋却する穴を掘るために県建設業者会の関係者が8日午前8時半すぎ、防疫ステーションとなっている具志川総合体育館を出発した。

  埋却場所はうるま市内を予定している。縦横60メートル、深さ4メートルを掘削する。
 
  建設業関係者は県職員からの説明を受けた後、防護服に着替え、神妙な面持ちで現場に向かう車に乗り込んだ【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス