スポーツ

REVIVEでJ1昇格狙う FC琉球 新加入選手の発表会見 

FC琉球の新ユニホームを発表する樋口靖洋監督(前列右)たち=16日、沖縄県那覇市の県体育協会スポーツ会館

  サッカーJ2・FC琉球の2020シーズン新加入選手記者会見が16日午後、沖縄県那覇市の県体協スポーツ会館で開かれた。会見には新たに加入した12人と樋口靖洋監督、倉林啓士郎会長、三上昴社長らが出席。今季のスローガンをJ1昇格プレーオフ進出と首里城再建への願いを込め「REVIVE(再興)」とした。
  
  新加入選手はFW2人、MF4人、DF5人、GK1人の計12人。21~32歳までで、平均年齢は24・5歳。北朝鮮代表DFの李栄直(リ・ヨンジ)は「自分の価値、FC琉球の価値を上げるために来た」と意気込みを語った。新ユニホームの発表も行われ、チームカラーのベンガラ色、正面には首里城のデザインが入っている。
  
  J2元年の昨季は開幕4連勝、ホーム30試合無敗のリーグを打ち立てた。しかしリーグ中盤に、けが人や移籍が相次いで失速。通算成績13勝10分け19敗、勝ち点49で22チーム中14位に終わった。今季の目標について樋口監督は「得点は20%増の70、失点は30%減の56に抑えたい。勝ち点70を取れば、プレーオフが見えてくる」と語った。
  
  琉球のホーム開幕戦は2月29日、沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムでファジアーノ岡山と対戦する。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス