政治

農家の危機意識に期待 感染拡大防止で江藤農相 ワクチン接種で県の対応注視

農林水産省の防疫対策本部会合であいさつする江藤拓農相(左から2人目)=20日午前、同省

  農林水産省は20日午前、沖縄県での豚熱(CSF、豚コレラ)の発生を受けたCSF、ASF防疫対策本部の会合を同省で開いた。江藤拓農相は、体調が悪い豚がある場合は、積極的に報告するなど県内の養豚農家の危機意識が高まっていると報告。「大変素晴らしいことだと思う。こういう姿勢が全国的に広まることを大きく期待したい」と語った。

  県がワクチン接種に関する検討を本格化させていることを踏まえて、「われわれは要請をいただいたら、しっかりスピード感を持って対応できるようにしたい」と語り、県側の対応を見ながら迅速な対応をするよう指示した。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス