地域

一体、どんな味がするの? シークヮーサーにクリーム、コーヒーあんを使用… 市制誕生50年を記念して菓子パン 21日からコンビニで販売

「名護親方のホイップあんぱん珈琲&シークヮーサー」

 【名護】沖縄県名護市とオキコ(西原町)、南西食品(名護市)がコラボレーションして開発した菓子パン「名護親方のホイップあんぱん珈琲&シークヮーサー」が21日から県内の量販店、コンビニエンスストアで販売される。税抜き130円。4万食を目標に3月下旬まで販売する予定。

 名護市産のシークヮーサーの果汁を使ったホイップクリームとコーヒーあんを包んだ洋風のあんパン。

 名護市制50周年を記念し、市のゆるキャラ「名護親方」や記念ロゴなどをあしらっている。

 名護市と両社が17日、会見を開き、パンの発売を発表した。会見で渡具知武豊市長は「(商品を通して)シークヮーサーと言えば名護、名護と言えば市制50年と連想していただければ」とPRした。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス