くらし

夢への一歩を後押し 飲食店開業したい女性を支援 沖縄ガールズスクエア 「トライアルキッチン」開始

トライアルキッチンを始めた岩渕裕子さん(左)とカフェ開業を目指す金城勝美さん=15日、八重瀬町仲座の沖縄ガールズスクエア

 【八重瀬】夢への一歩を後押し―。女性の起業を支援する沖縄県八重瀬町仲座の沖縄ガールズスクエアがこのほど、飲食店開業前に店舗運営ができるトライアルキッチンを始めた。週1回などライフスタイルに合わせて開店でき、メニュー開発から仕入れ、調理、販売までを実践しながら起業を目指す。22日から毎週水曜日は、花屋に勤めながらカフェ開業を目指す金城勝美さん(47)=糸満市=が「彩り野菜カフェ」を開く。沖縄ガールズスクエア代表の岩渕裕子さん(36)は「最初の一歩を踏み出すきっかけにして」と話す。

 岩渕さんによると、食をテーマに起業したい女性が多いが、実践を積む場所がないという。女性でもお金をかけずに起業のきっかけづくりができる場として、レンタルスペースにキッチンを作った。

 2019年12月にオープンし、今月から本格的に開始した。通常は、岩渕さんが起業相談のカフェを開いている。

 キッチンは飲食店営業許可と菓子製造業許可を取得。菓子などを作ってイベントでも販売できる。岩渕さんは「起業を目指す女性たちの情報交換の場にもしたい」と広がりに期待する。

 「彩り野菜カフェ」に挑戦する金城さんは「家庭料理だが、盛り付けにこだわったランチ(限定10食)にしたい」と説明する。朝食なども提供しながら年内の起業を目標にカフェを開く。「お客さんの感想も聞きながら試行錯誤したい」と瞳を輝かせた。

 店内は11席。利用料は光熱費込みで1日税別8千円、週1回(月4回)税別2万円。基本的に木曜・土曜休み。

 問い合わせは(電話)080(1298)9628(岩渕)。
 (豊浜由紀子)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス