経済

豚熱でワクチン接種の是非を論議 防疫対策で関係者会議の初会合

沖縄県CSF防疫対策関係者会議の初会合であいさつをする玉城デニー知事=22日午後、県庁

  豚やイノシシの感染症、豚熱(CSF、豚コレラ)の県内発生を受け、県や農業団体、有識者などで構成する「県CSF防疫対策関係者会議」の初会合が22日、県庁で開かれた。生産者、団体、有識者、行政から15人が参加した。会議では豚熱の感染拡大防止対策について議論し、中でもワクチン接種の方向性について合意形成を図る。
  
  冒頭あいさつで玉城デニー知事は「ワクチン接種を含めてこれからの沖縄県の養豚産業を見据えながら、CSF対策を総合的に議論していただきたい」と述べた。【琉球新報電子版】




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス