社会

米軍ヘリ、沖縄本島東沖で「着水」

嘉手納飛行場を離陸するMH60ヘリコプター。同型機が25日、沖縄本島沖に「着水」した

 防衛省などによると、25日午後、米軍のMH60ヘリコプターが沖縄本島の東沖で「着水」した。自衛隊から防衛省や県に連絡があったという。関係者によると、海上保安庁などが乗員の救助に当たっている。

 県防災危機管理課には午後5時25分、米軍のMH60が「緊急着陸」したとの連絡が自衛隊から入った。けが人の情報はない。県は沖縄防衛局にも問い合わせており、当面情報収集に当たる。【琉球新報電子版】


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス