政治

宮崎政務官が那覇空港の新型コロナウイルス水際対策を確認

福岡出入国在留管理局那覇支局から新型コロナウイルス水際対策について説明を受ける宮崎政久法務大臣政務官(右)=9日、那覇空港国際線ターミナル

 宮崎政久法務大臣政務官は9日、新型コロナウイルス感染症水際対策を確認するために那覇空港国際線ターミナル内を視察した。宮崎政務官は視察後、報道陣の取材に応じ、「現場は万全とした対応をとっていること、混乱も起きていないことを確認した。今後も状況に変化が生じることがあれば間断なく、しっかりと対応していく」と強調した。

 宮崎政務官は那覇空港視察に先だって、石垣市も訪問。中山義隆市長らと面談し、新型コロナウイルスに関連した観光経済への影響について意見交換した。宮崎政務官は観光業などへの影響について「政府一体で取り組む。持ち帰り、観光庁や国土交通省などに報告し協議していきたい」と述べた。10日には那覇市役所を訪問し、城間幹子市長と意見交換する予定。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス