スポーツ

闘志赤く 沖縄入り 広島カープ1軍2次キャンプ

歓迎セレモニーで花束を受け取り、引き締まった表情の広島東洋カープの佐々岡真司監督(前列左から5人目)ら=11日午後、那覇空港

 セ・リーグの広島の1軍が11日、2次キャンプのため沖縄入りした。那覇空港でカープ沖縄協力会が歓迎式典を開き、赤の上着を着た関係者らが出迎えた。キャンプは13日から沖縄市のコザしんきんスタジアムで始まる。

 歓迎式で沖縄市のミスハイビスカスから佐々岡真司監督らへ花束が贈られた。沖縄協力会の宮里敏行会長は「リーグ制覇、ひいては悲願の日本一に輝けるようサポートしていきたい」と支援を誓った。

 真っ赤なユニホームと帽子で訪れた七條幹さん(9)は「足が速くてホームランもいっぱい打てる小園海斗選手みたいになりたい。オープン戦も見に行きたい」と間近で見るあこがれの選手に大興奮していた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス