スポーツ

ブルーオーシャンズに元ヤクルトの村中投手が加入 「高みを目指したい」

入団への意気込みを語る村中恭兵投手(中央)=14日、沖縄県庁

 沖縄初のプロ野球チーム設立と日本プロ野球機構(NPB)参入を目指す「琉球ブルーオーシャンズ」は14日午後、県庁で新入団会見を行い、元東京ヤクルトスワローズの村中恭兵投手(32)の加入を発表した。

 村中投手は神奈川県出身、身長188センチ、体重88キロ。左投げ左打ち。2006年に高校生ドラフト1巡目で東海大付甲府高からヤクルトに入団。19年まで所属し、10年と12年は2桁勝利を上げた。19年はオークランド・トゥアタラ(オーストラリアンベースボールリーグ)でプレーした。

 会見に緊張した様子で出席した村中投手は「自分の中の高みを目指したい」と意気込みを語った。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス