スポーツ
釣りへ行こう

クロダイ捕獲、実力者上位に

9日、ジャパンカップクロダイ沖縄大会で上位入賞した宮城啓佑さん、濱川翔伍さん、伊波裕貴さん

 糸満西崎一文字を会場に9日、ジャパンカップクロダイ沖縄大会が開催された。この大会は、なべ堤ブロックとL文字ブロックに選手を分け、クロダイ優先のブロックごとの横取り方式だ。競技時間内に釣れた5匹までの総重量を競う大会で、66人の選手が参加して開かれた。

 開始直後は潮が透き通っていたため各選手が苦戦したが、午前8時26分になべ堤で金城守一さんが最初にクロダイを釣り上げると、9時15分にはL文字で金城元気さんも釣った。午前11時前になって、濁りが入るとクロダイが活発に釣れ始めた。L文字の南向けの角で釣りをしていた濱川翔伍さんは遠投して仕掛けを沈め気味にして、カケアガリを丹念に探ってクロダイを2連発。2匹980グラムを釣って優勝を決めた。宮城啓佑さんも底を狙って820グラムの良型のクロダイを釣り準優勝、3位の伊波裕貴さんも700グラムを釣り上げ、実力者たちが上位を占めた。

 なお、上位2人は2021年に開催される全国大会ファイナルに進出できる。主な結果は次の通り。

▽1位濱川翔伍 クロダイ2匹980グラム L文字1位
▽2位宮城啓佑 クロダイ1匹820グラム なべ堤1位
▽3位伊波裕貴 クロダイ1匹700グラム なべ堤2位

 (おきなわ釣り王国社・仲栄真修)


11日、恩納海岸で1.7キロのアオリイカを釣った西平守和さん

9日、伊芸海岸で2.99キロのクブシミを釣った籾山諒子さん


4日、西崎一文字で44センチ・1.34キロのチヌと42センチ・1.18キロのカーエーを釣った高野豪光さん

9日、泡瀬海岸で50.2センチ・2.04キロのチンシラーを釣った長濱侑平さん


4日、塩川海岸で1.64キロのアオリイカを釣った大浦晃さん

2日、安謝で2.67キロのアオリイカを釣った伊波康行さん


1月30日、石垣島伊野田海岸で2.56キロのアオリイカを釣った新城慎悟さん(フィードマン)

3日、小浜島で115センチ・18.68キロのロウニンアジを釣った小島大護さん(御用屋)


3日、馬天港で48.2センチ・2.4キロのチンシラーを釣った米蔵守さん

2日、嘉手納海岸で45センチ・1.72キロを筆頭に7匹のカーエーを釣った中村守さん


釣りへ行こう
関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス