スポーツ

Bリーグオールスター戦、沖縄開催は2022年に延期 沖縄市「試合日までにアリーナ完成を確約できない」

当初2020年10月に供用開始を予定していた多目的アリーナ「沖縄アリーナ」(沖縄市提供)

 プロバスケットボールBリーグは18日、2021年に予定していたオールスターゲームの沖縄県内での開催を1年後の2022年へ延期すると発表した。21年の開催地は調整中という。オールスターゲームは沖縄市の「沖縄アリーナ」の完成後、県内で初めて開催する予定だった。

 Bリーグの発表によると、令和元年度の台風により全国各地に甚大な被害が出たことで、沖縄アリーナ建設工事の資材調達に支障が出たという。また、今後も自然災害により工期が延長される恐れもあり、オールスターゲームの実施予定日まで沖縄アリーナの竣工を確約できないと、沖縄市からBリーグ側に報告があったという。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス