社会
新型コロナウイルス感染症

沖縄3人目の感染者は80代農業男性 6日に発熱、現在入院中 感染ルート分からず市中感染が濃厚

県内3例目の新型コロナウイルス感染症の患者が確認されたことを発表する玉城デニー知事=20日午後6時10分ごろ、県庁

 沖縄県内で3人目となる新型コロナウイルス感染者が新たに確認されたことを受け、玉城デニー知事は20日午後6時すぎ、県庁で危機管理対策本部会議を開いた。冒頭、玉城知事は肺炎の症状がある80代の農業男性からウイルスの陽性反応が出たと報告した。男性は6日に発熱し17日に倦怠(けんたい)感と下痢の症状が出たため、CT検査の結果肺炎と判明、医療機関に入院した。男性は豊見城市在住で、糖尿病などの基礎疾患がある。

 男性と、すでに感染が確認されているタクシー運転手2人や集団感染が確認されたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」との関係は不明という。沖縄県が追跡調査する範囲外で発生しているとみられ、県内でも市中感染が発生している可能性が濃厚となった。【琉球新報電子版】




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス