スポーツ
釣りへ行こう

女性も楽しめるフカセ釣り

2月29日、ベーベーで45.5センチ・1.38キロのイスズミを筆頭に、40~45センチのイスズミやヒレーカー、イラブチャーなどを釣った照屋江利子さん(左)と玉代勢ますみさん

 いかつい男性が多く女性は少ない中、釣りを楽しんでいる女性たちがいる。釣り仲間のグループ、GFGの照屋江利子さんと玉代勢ますみさんのお2人。2月29日、がまかつから新しく発売されたデニオスの実釣会で慶良間諸島の黒島にある通称ベーベーにサポート役の秋田真吾さんと3人で渡った。

 夜明け前に磯に渡ったが、釣り好きな女性2人は、おしゃべりが止まらない。あっと言う間に夜が明け、慌てて釣り開始。まき餌をまくと、40~45センチのイスズミやヒレーカーが集まってきた。潮に乗せて仕掛けを流すとすぐにウキが消し込まれ、竿(さお)が奇麗な弧を描いた。照屋さんが1・75号―530センチの竿、玉代勢さんが2号―500センチの竿を使用したが、細身のロッドは女性にも操作しやすく、魚のパワーにも余裕で耐え、45・5センチ・1・38キロのイスズミを筆頭に、40~45センチのイスズミや、ヒレーカー、イラブチャーなどがコンスタントに釣れた。

 慶良間の磯を満喫した2人は「磯のフカセ釣りというと男性だけの釣りと思っている女性が少なくないが、最近のタックルの進化のおかげもあって女性でも楽しめる釣りなのでぜひ挑戦してほしい」と語った。丸沖つりぐ(電話)098(867)0458。

 (おきなわ釣王国社・仲栄真修)


2月15日、知念海岸で71.6センチ・4.99キロのタマンを釣った當銘俊樹さん

2月28日、泡瀬海岸で45.7センチ・1.52キロのチンシラーを釣った玉城博昭さん(チーム爆釣妄想賊)


2月23日、屋我地で53.8センチ・2.84キロのチンシラーをルアーで釣った福里将隆さん

2月23日、宮城島で110.5センチ・19.05キロのロウニンアジを釣った安里尚之さん


2月29日、浜比嘉島で62センチ・4.7キロのマクブを釣った田島司さん

2月23日、金武海岸で75.5センチ・5.66キロのタマンを釣った知念大樹さん


2月21日、泡瀬海岸で52.6センチ・2.16キロのチンシラーを釣った島袋正勝さん

2月26日、泡瀬一文字で63.5センチ・4.43キロのミーバイを釣った平敷義和さん(チーム:KWASER)


2月20日、知念海岸で50.2センチ・2.12キロを筆頭に3匹のチンシラーを釣った知念悟さん

2月25日、粟国島で82センチ・9.2キロのナミフエダイを釣った仲間正也さん


釣りへ行こう

久米島沖は魚の宝庫

2020年6月5日 15:43

北谷沖でグルクン数釣り

2020年5月29日 16:11

3回目でアーラミーバイ

2020年5月1日 18:01

マスク、除菌がマナー

2020年4月24日 19:36

志喜屋漁港でカーエー

2020年4月17日 18:03

慶良間沖でアーラミーバイ

2020年4月10日 17:11
関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス