経済

サンゴでろ過した水ってどんな味? 35コーヒーが新商品

 35コーヒーを販売するソーエイドー(八重瀬町、大城宗貞代表)は5日、新商品のスリーファイブウォーターとスリーファイブコーヒーアイランドスペシャルを発売した=写真。

 スリーファイブウォーターは豊見城市の地下水を風化サンゴでろ過した軟水で、口当たりがまろやかなのが特徴。スリーファイブコーヒーアイランドスペシャルは従来の商品より焙煎(ばいせん)時間を1時間ほど長くし、味の深みを出した。

 同社は5日で創業12年目を迎える。2009年からサンゴ再生プロジェクトとして、商品の3.5%をベビーサンゴの移植活動に寄付する取り組みを続けており、これまで3500本を移植した。

 ソーエイドーの梶山純営業部長は「地球環境に目を向けてもらい、商品を通して海の保全に協力してもらえたらうれしい」と話した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス