経済

リゾートホテルにお得に宿泊 沖縄ツーリスト、新型コロナで沖縄15施設を応援 全プラン食事付き

「地元宿泊プランスペシャル」をPRする沖縄ツーリスト企画部県内企画室の藤江貴紀室長(右)と張珮琪さん=10日、那覇市泉崎の琉球新報社

 沖縄ツーリスト(OTS、東良和会長)は、沖縄県内ホテルを応援する「地元宿泊プランスペシャル」を実施している。オクマプライベートビーチ&リゾート(国頭村)やシェラトン沖縄サンマリーナリゾート(恩納村)など、本島中北部のリゾートホテル15施設に、通常価格より安く泊まることができる。

 新型コロナウイルスの影響で観光客が減少する中、県民が地元ホテルに泊まることで観光産業を応援し、沖縄経済立て直しの機運を作ろうというキャンペーン。レストランの消費にもつなげるため、全プラン食事が付いている。

 1泊朝・夕食付きで1人5千円台のプランなどもある。キャンペーン期間はホテルによって違うが、最長で6月30日まで。

 OTS県内企画室の藤江貴紀室長は「県内には世界でも名だたるホテルがあり、地元でリゾートを楽しむ良い機会にもなる。これまで沖縄はいろいろな出来事を乗り越えてきた。地元を盛り上げようという機運になるといい」と話した。

 問い合わせは沖縄ツーリスト(電話)098(862)1111。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス