社会

「民主主義を守れ」 辺野古新基地建設で市民70人が大雨の中抗議 

米軍基地内に向かってシュプレヒコールを上げる抗議参加者=19日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設で19日午前、建設に反対する市民約70人が同市の米軍キャンプ・シュワブゲート前で抗議の声を上げた。大雨の中、市民が「工事を止めろ、民主主義を守れ」などと声を上げて土砂の搬入を阻止しようとしたが、機動隊によって排除された。一方、海上での抗議行動は荒天のため中止となった。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス