社会

琉球海炎祭 取りやめに 実行委、延期へ調整

「琉球海炎祭2019」=2019年4月13日、宜野湾市の宜野湾海浜公園

 【宜野湾】新型コロナウイルス感染拡大を受け、4月10日と11日に宜野湾市で開催予定だった「JAL PRESENTS 第17回琉球海炎祭2020」と「第2回琉球演芸会」は取りやめとなった。主催の琉球海炎祭実行委員会が24日、ホームページ(HP)で発表した。延期開催に向けて関係機関と調整を進めている。

 実行委などによると、同イベントは昨年約2万人が来場。うち県外から約6千人、台湾など海外から約4500人が来ていたという。延期開催の情報やチケットの取り扱いについては、HPで公表する予定。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス