政治

首里城正殿は26年までに完成 関係閣僚会議で工程表決定

火災で焼失する前の首里城正殿

 政府は27日午前、菅義偉官房長官をトップとする首里城復元に向けた関係閣僚会議を首相官邸で開き、火災で焼失した首里城正殿の完成を2026年までに目指すことを柱とした工程表をまとめた。スプリンクラーの設置など再発防止策も盛り込んだ。

 菅長官は「工程表に基づき、沖縄県や地元関係者、有識者の方々とともに首里城正殿の復元を進める」と強調した。北殿や南殿の復元についても検討を始めることを表明した。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス