地域

DJ KOOとタッグ!島の魅力を動画で発信 人気スポットに車エビ、朝ヨガ

 【久米島】ノリノリ動画で体験、久米島旅―。1990年代の音楽界を席巻したダンスボーカルグループ「TRF」のリーダー、DJ KOO(コー)さん(58)と久米島町観光協会がタッグを組み、久米島の魅力を発信する動画を制作した。動画投稿サイト「ユーチューブ」で21日から順次配信が始まっており、同協会は「新型コロナウイルスの影響で外出できず、ストレスがたまっている人もいると思う。動画で久米島旅を疑似体験し、元気になってほしい」とPRしている。


ノリノリでシーカヤックを楽しむDJ KOOさん=久米島町沖(@AMG提供)

 職員と共通の知人がいたことから、DJ KOOさんを同協会の観光宣伝部長に認定し、動画制作を依頼した。

 DJ KOOさんは10日から2泊3日の日程で久米島に滞在し、ロケを敢行。人気スポット「ハテの浜」や宇江城城跡などを巡り、海辺での乗馬やマグロ釣りなどを楽しんだ。撮影には赤ちゃんから90代のおばあちゃんまで、約150人の町民がボランティアで協力した。久米島を初めて訪れたDJ KOOさんは「素晴らしい島ですね」などと繰り返していたという。


DJ KOOさんと久米島町観光協会が制作した動画「久米島の家出旅」のワンシーン=久米島町宇根(@AMG提供)

 計6本の動画を制作し、4月21日にかけて約1週間に1本のペースで配信する。第1弾は今月21日、「久米島の家出旅」と題して公開された。カラフルな衣装を着たDJ KOOさんがシーカヤックや「朝ヨガ」に挑戦し、車エビに舌鼓を打っている。澄み切った海や朝焼けの空撮も交え、1分半近い作品にまとめた。

 同協会の小田部早苗さんは「久米島は島全体がパワースポットと言われる。島の豊かな自然や魅力を動画で疑似体験してもらい、いつか実際に足を運んでほしい」と呼び掛けている。

 動画はDJ KOOさんの公式ユーチューブチャンネル「DJ KOOの電KOO石火わいたー」で配信している。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス