経済

ロトくじとコラボ、国際通りを応援 沖縄ツーリストが6日からサービス

国際通りを応援する企画「みるくロト」の参加を呼び掛ける関係者ら=3日、県庁

 沖縄ツーリストホールディングス(OTSHD)は6日から、オートレースのロトくじ「当たるんです」とコラボした、国際通りを応援する企画「みるくロト」のサービスを始める。スマホで買えるロトくじで、500円ごとの購入につき10円を那覇市国際通り商店街振興組合連合会に寄付する。くじを通して国際通りの地域活性化を目指す。

 「当たるんです」は四つの数字を当てるスポーツくじで、公営競技であるオートレースの結果で当選者が決まる。OTSHD代表で、同連合会理事長の東良和氏は「新型コロナで国際通りの客が激減した。スマホで購入できるので遠隔地から沖縄を応援してほしい」と呼び掛けた。

 OTSHDは昨年10月に、当たるんですマーケティングと同連合会と3者でMOU(協力の覚書)を締結。1年間で10万人のみるくロト会員取得を目指す。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス