那覇の牧志公設市場を閉鎖 店員がコロナ感染

従業員の新型コロナウイルス感染を受けて臨時休業が決まった第一牧志公設市場=4日、那覇市松尾

 那覇市は4日、同市松尾の第一牧志公設市場を2週間程度、臨時休業することを決めた。この日、市場内の店舗に勤務する40代女性従業員の感染が確認されたことを受けての措置。

 女性従業員は3月26日に発熱した。27日には体調不良を訴え休んでいたが、26日以前は勤務していたという。那覇市は市場の消毒などをする方針。市場内では85の飲食店や鮮魚店、精肉店などが営業していた。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス