社会

那覇空港の不発弾2発を処理 第1滑走路の閉鎖解除

2発目の不発弾が発見された那覇空港の第1滑走路=23日午前、那覇市鏡水

 那覇空港第1滑走路の工事現場で見つかった不発弾(米国製250キロ爆弾)2発の処理作業が26日午前1時から行われ、同2時32分に終了した。17日から続く第1滑走路の閉鎖は、処理壕(ごう)などの撤去完了後の、27日朝までに解除される見込み。処理作業に伴い、現場から半径700メートル内の交通が規制された。日本トランスオーシャン航空3便など、合わせて8便に最大で2時間の遅れが発生した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス