社会
新型コロナウイルス感染症

竹富、定期船すべて運休、観光客入れず 町民限定で特別便

竹富島(資料写真)

 【竹富】新型コロナウイルスの感染拡大を受け、竹富町内の各離島と石垣島を結ぶ定期航路が大型連休中の5月1日から6日にかけて全便停止となる。運航会社に全便停止を呼び掛けていた町が28日、発表した。観光客の入島を防ぐのが目的で、沖縄総合事務局によると、新型コロナウイルスを受けた定期航路の全便運休は県内で初めて。

 生活航路を維持するため、現行就航便は町が高速船・貨物船を借り上げて運航する。町民以外の乗船は認めない。

 町はこれまで観光客らへの乗船自粛を促すよう運航会社に求めていたが、強制力はなかった。石垣島と竹富町内を結ぶ定期便は既に、平常時の1日55便(110往復)から14便(28往復)にまで大幅に減便されている。

 西大舛高旬町長は「大型連休中で観光客が増加する可能性がある」として町民の理解を求めた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス