夏の高校野球県大会、7月以降に延期へ 甲子園の開催可否受け最終決断

 県高校野球連盟は12日午後、理事会を開き、夏の甲子園代表校を決める全国高校野球選手権沖縄大会(6月20日開幕予定)を7月以降に延期することを決めた。全国大会が実施された場合は、7月以降に沖縄大会を実施する予定だ。新型コロナウイルスの影響で県立校の休校に伴い、部活動ができない状況であることなどを理由に挙げている。

 新型コロナの影響で、日本高野連は全国大会の開催可否について今月中旬にも判断する。県高野連は日本高野連の判断を待って、日程の調整などを進める。一方、全国大会が中止となった場合の対応についても、日本高野連の判断を待って協議するとしている。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス