教育

那覇市の小中学校、運動会なし 1学期の修学旅行は延期

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、那覇市教育委員会は19日付で保護者に対し、小中学校の運動会や学習発表会などを中止するとの通知を出した。1学期に予定される修学旅行や自然教室など宿泊を伴う行事は規模を縮小または延期する。感染拡大の第2波、第3波が発生するなど情勢が悪化すれば「中止もあり得る」としている。

 文科省は感染の可能性が高いとして、運動会や学習発表会、修学旅行など児童生徒が密集して長時間活動する行事は当分行わないよう13日付で各都道府県などに伝えていた。市教委は文科省の方針に加え、各校長に実施した夏休みや行事の在り方に関するアンケートを基に通知を出した。今後の状況によって変更もあり得る。

 那覇市の小中学校は2学期制。本年度の1学期は10月15日までで同20日から2学期が始まる。修学旅行は主に小学6年と中学2年、自然教室は小学5年で行われる。中学の修学旅行は11月以降、小学校の修学旅行と自然教室は9月以降が多いという。

 市教委の担当者は「修学旅行は一生に1度なので可能な限り実施したい。小学校は県内旅行なので日帰りもあり得る。中学は県外旅行だが日程の短縮や延期もできる」と話した。

 授業については、感染の可能性が高い音楽の歌唱や調理実習を当分延期する。水泳は中止する。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス