教育
新型コロナウイルス感染症

恩納5校統合「うんな中学校」ようやく始動

マスク姿で入学式に臨む新入生たち=21日、恩納村立うんな中学校

 【恩納】恩納村内5中学校を統合し、4月に開校した村立うんな中学校(宜志富清博校長)は21日、入学式と始業式を開いた=写真。式は4月上旬を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大防止で延期していた。開校後生徒たちは初登校し、学校はようやくスタートを切った。

 新入生106人や保護者らはマスク姿で式に臨んだ。開校に合わせた琉歌調の校歌は元THE BOOMの宮沢和史さんが作詞した。コロナ対策として斉唱はなく演奏だけだった。

 新入生代表の儀間ゆりあさん(12)は「勉強も難しくなるけれど、一生懸命頑張りたい。仲間と理解し合い、思いやりを持って生活したい」と抱負を述べた。生徒会長で3年の當山安恒さん(15)は「協力して行事などを成功させ、うんな中のよい伝統を作っていこう」と呼び掛けた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス