地域
新型コロナウイルス感染症

宮古島市が県内の渡航自粛を緩和 県外からは自粛要請継続

宮古島市役所(資料写真)

 【宮古島】宮古島市の下地敏彦市長は22日、市役所で会見し、新型コロナウイルス感染拡大防止のため市民に求めていた渡航自粛を一部緩和すると発表した。県民の来島および島民の県内渡航を22日に解除した。観光客ら県外からの来島自粛要請については31日まで継続し、6月1日に解除する。

 国の緊急事態宣言で指定されている特定警戒都道県からの渡航自粛要請は6月1日以降も継続する。

 また市内のイベント開催についても県のガイドラインに準じた形で緩和する。下地市長は「感染状況は落ち着きをみせているが、感染リスクが無くなったわけではない。これまでの予防策を緩めず密を回避し、新しい生活様式に準じた対策を講じてほしい」と訴えた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス