地域
おきなわエール飯 テイクアウトでGO

イチ押しはサメバーガー 那覇市・海産物えんがん<おきなわエール飯 テイクアウトでGO>

「海産物えんがん」イチ押しのサメバーガー

 那覇市港町の「海産物えんがん」は市沿岸漁業協同組合の直営店だ。テークアウト用のメニューは新鮮な魚介類が手頃な値段で味わえる。ワンコイン(500円)の丼のほか、異色のサメバーガー(350円)も好評だ。

 サメバーガーは過去に「おきなわ花と食のフェスティバル」で出品し、好評を博した。肝油がよく利用されるアイザメの身をフライにしている。同漁協の仲里司参事が「ふっくらしていて歯が弱い方でも食べられる。臭みもない」と語る“イチ押し”商品だ。


サメバーガーとイラブチャーの唐揚げを持つ「海産物えんがん」の山川薫店長(右)と店員の南大輔さん=15日、那覇市港町の同店

 ワンコインの丼はヤコウガイの炊き込みご飯、ソデイカの唐揚げをイカ墨ご飯に載せた「イカ三昧贅沢(ざんまいぜいたく)めし」、漬けマグロちらしずしの3種類。仲里参事は「利益を度外視して丼勘定で作っている」と笑う。テークアウト用に開発した商品だけでなく、通常のメニューもテークアウトできる。電話予約がおすすめ。

 所在地は那覇市港町3の1の17。5月の営業時間は午前11時から午後6時まで。6月から延長する可能性もある。5月23、24の両日は休み。25日以降は年中無休に戻す方向だが調整中。(電話)098(869)7837。 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス