経済

関東沖縄経営者協会、総会は8月開催 ネット理事会で延期決定

 【東京】首都圏で起業した沖縄県出身経営者が集う関東沖縄経営者協会(会長・新垣進オールビジネスリンク社長)は13日の理事会で7月1日に開催予定だった第54回定時総会を8月初旬に延期することを決め、会員へ発表した。

 今回の総会では今後の「3密」回避策として(1)正会員のみ参加(2)事前に総会資料を送付し「書面投票」か「委任状」の提出を奨励(3)オンライン会議システムでの総会参加を奨励―などを会員へ働き掛ける方針も確認した。

 新型コロナ禍の影響で今回初めて理事会をオンラインで開催した。オンライン会議自体が初参加という理事もいたが、新垣会長は「スムーズに議事が進行できた。今後は会員同士で情報交換や、沖縄賛助会員との交流もオンライン会議で活発に行える。ぜひ活用し交流を深め、沖縄経済と本土のパイプをつなぎ続けたい」と話した。

 4月7日に新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が発出されて以降、会員に向け助成金やテレワーク推進などの経営者に有益な情報を随時ホームページとメールマガジンで会員に発信している。
 (山川夏子首都圏通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス