経済

フリー美容師に「ヘアサロン」 琉美学園が実習スペース貸し出し コロナ失業者ら対象

校内のヘアサロンスペース。通常は実習で使うが、失業した美容師に貸し出す(琉美学園提供)

 学校法人琉美学園(那覇市牧志)は6月1日から、新型コロナウイルスの影響で働き口を失った美容師向けに、校内実習スペースのヘアサロン(5席)を貸し出す。

 新たな就職先が見つかるまでの間、スペースを提供することで収入や技術の維持につなげてもらう。

 9月30日まで、1席を1日550円で貸し出す。鏡や椅子、シャンプー台、ドライヤーは無料。来客用の駐車場も1台無料。

 新型コロナの感染拡大で美容室が休業し、フリーランス美容師などの収入が激減している。琉美学園の呉屋マリヤ学園統括長は「美容師を辞め、県内美容業界が縮小するのが懸念だ。就職先があってこそ美容師が育つ。現場を少しでもサポートしたい」と話す。

 学園では感染拡大防止のため前期授業に予定したヘアカットの実習を後期に回しており、10月まで使用しない校内スペースの開放に踏み切った。

 貸し出し対象は美容師免許保持者で、新型コロナで失業・減収した美容師。同校卒業生でなくても利用できる。

 学園ホームページから予約できる。アドレスはhttp://www.ryubi-ac.com/



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス