社会

中止をお願いしているのに 米軍、津堅沖でパラシュート降下訓練強行 今年4度目

米軍の救難ヘリHH60Gペイブホークから降下する米兵ら=1日午後0時35分ごろ、うるま市の津堅島上空

 【うるま】米軍は1日、沖縄県うるま市の津堅島訓練場水域でパラシュート降下訓練を実施した。嘉手納基地所属の救難ヘリHH60Gペイブホークから3回に分けて、18人が降下した。同水域での訓練は4月10日以来、今年4度目。

 同機は旋回を何度も繰り返した後、通常よりも高い位置から米兵らが次々と降下した。うるま市は5月28日、市民の安心安全の観点から訓練中止を沖縄防衛局を通じて申し入れていたが、米軍は強行した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス