芸能・文化

まーちゃん2カ月ぶり舞台に「黒糖ばかり食べていた」 お笑いニュースペーBar再開

巧みな話術で観客を沸かせるまーちゃん(右端)。感染防止のために舞台と客席の間にスペースが設けられた=3日、那覇市の琉球新報社

 お笑い芸人のまーちゃんこと小波津正光さんのスタンダップコメディ「ちょい呑み処『お笑いニュースペーBar』」(FEC主催、琉球新報社共催)が3日、那覇市泉崎の琉球新報社1階エントランスで約2カ月ぶりに再開した。新型コロナウイルス感染拡大防止のためにエントランスでのイベントは3月末から休止し、4月からライブ配信で笑いを届けていた。約30人が舞台を楽しんだ。

 まーちゃんは「まだ安心しないで。大規模イベントは自粛しないといけない。でも、このイベントは小規模だから大丈夫」と再開をネタに笑いを誘った。「仕事もなくて、産地の味比べができるくらい黒糖ばかり食べていた」とステイホーム期間の過ごし方にも触れ、時宜を得たネタの数々で会場を沸かせた。

 「ちょい呑み処―」は毎週水曜日午後6時半から、同会場で開く。入場料は500円(別途1ドリンク)。入場時に検温や手指の消毒をしてもらう。問い合わせは琉球新報社(電話)098(865)5255。次回は10日に開く。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス