社会

高卒就職内定率が過去最高の98% 今年3月の卒業生 コロナ影響で内定取り消しは3社で5人

 沖縄労働局は15日、2020年3月に県内の高校を卒業する学生の内定率(20年3月末時点)が98.0%(前年同期比0.3ポイント増)となり、統計を取り始めた1985年以降、県内過去最高を更新したと発表した。ただ全国では43位となっている。同年3月に県内の大学を卒業する学生の内定率(20年3月末時点)は90.5%で県内過去最高値を記録した。一方、新型コロナウイルスの感染拡大による内定取り消しは12日までに、3社で5人、入職時期の繰り下げは4社で37人確認した。

 業種は卸・小売業、学術研究、専門・技術サービス業、宿泊・飲食サービス業などだった。

 新規高卒者の就職希望者は前年同期比3.9%減の2087人だった。労働局によると、進学希望者が増え、就職希望者が減少傾向にあるという。

 内定率は県内で97.2%(同0.2ポイント増)、県外で99.8%(同0.9ポイント増)だった。過去最高を更新した理由について同局は「観光関連産業の需要が伸び、求人数が増加したことが、高い就職率につながった」と説明した。求人数は卸売・小売業、宿泊・飲食サービス業、建設業、サービス業、医療・福祉業で増え、全体では前年同期比6.6%増だった。

 一方、新規大卒者の就職内定率の内訳は県内で90.2%(同4.3ポイント増)、県外で91.2%(同2.2ポイント増)だった。

 21年3月に卒業する学生を巡っては、求人提出の見送りや求人数の減少が見られるという。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス