社会

待機児童7人 最多だった17年から229人減 保育園の開所相次ぎ 浦添市

 【浦添】希望しても認可保育園などに入れない浦添市の待機児童は2020年4月1日時点で前年比78人減の7人だった。同市の安和さゆりこども未来部長が16日の市議会一般質問で仲間烈氏(無所属の会)に答えた。

 7人のうち、1歳児が5人で2歳児が2人。同市保育課によると、4月1日時点で待機児童が最も多かった17年の236人から3年で229人減った。市内で新たな保育園の開所が相次いだことなどが要因だという。

 特定の保育園への入所を希望している「入所待ち児童数」は昨年より69人少ない136人だった。保育園入所の申し込み者は昨年より379人多い4848人だった。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス