経済

電気料金の支払い延長措置を拡大 沖縄電力、新型コロナ影響の失業者ら対象に

 沖縄電力(本永浩之社長)は24日、新型コロナウイルス感染症の対策として、電気料金の支払いが困難な人に支払期日を延長する特別措置の拡大を発表した。

 2020年3、4月分の支払期日をそれぞれ4カ月間延長し、5月分は3カ月、6月分は2カ月延長する。対象は感染症の影響による休業や失業などで、県社会福祉協議会から緊急貸付を受けている人などとなる。

 沖電のコールセンター(電話)(0120)586391や各支店、営業所などで申し込める。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス