教育

沖縄国際大学が入試日程を変更 総合型選抜が1カ月繰り延べ

 沖縄国際大学(前津榮健学長)は2日までに、新型コロナウイルスで県立高校などの休校が長期化したことを踏まえ、大学入試の総合型選抜(AO入試から改称)の出願期間と試験日を約1カ月遅らせることを決めた。学校推薦型選抜(推薦入試から改称)は出願期間を1週間、試験日を2週間遅らせる。一般選抜は試験日を変更せず、出願期間を遅らせる。

 総合型選抜の出願期間は当初、8月27日~9月4日だったが、9月28日~10月1日に変更する。9月19~22日だった試験日は10月16~19日にする。

 学校推薦型選抜は11月9~12日だった出願期間を11月16~19日に変更、11月27~29日だった試験日は12月11~13日に変更する。

 一般選抜は2月2日の試験日は変えず、1月4~7日だった出願期間を1月8~14日に変える。

 文部科学省は総合型選抜の出願期間を2週間程度遅らせ、9月15日以降に設定することなどを求める「大学入学者選抜実施要項」を6月19日付で国公私立大に通知していた。沖国大はこの通知を踏まえて入試日程を見直した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス