社会

糸満司令部壕から「大橋定正」はんこ 少佐遺品か 情報を募集

「大橋定正之印」と読める印影を残すはんこ(南埜さん提供)

 戦没者の遺骨収集活動に取り組む「沖縄蟻の会」の会員が6月下旬、糸満市与座の第24師団司令部壕で「大橋定正之印」と書かれたはんこなどを見つけた。同師団輜重兵第24連隊に所属した大橋定正少佐のものとみられる。

 同所では過去にも見つかった遺留品が遺族に返還された。同会の南埜安男さん(55)=那覇市=は大橋さんの遺族を捜している。

 大橋さんは愛知県出身、1945年5月20日に首里城近くの弁ヶ岳で戦死したとされる。見つかったはんこは木製で約3センチ角。蟻の会の会員が見つけた。

 同じ場所では過去に大阪の佐藤徳次さん、熊本の山口勇さん、千葉の川島修一郎さん、他2人の遺留品が見つかっており、遺族に返された。今回は南埜さんとは別の会員が見つけた。

 南埜さんは「遺留品が遺骨の代わり、形見になればいい」と遺骨収集活動に取り組む理由を語った。

 情報提供や問い合わせなどは南埜さん(電話)090(3840)9140。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス