社会

沖大 総合型選抜入試を延期 コロナで高校休校に配慮

 沖縄大学は8日、2021年度入試の総合型選抜(AO入試から改称)の出願期間を1カ月、入試日を3週間遅らせることを発表した。総合型選抜の出願期間は当初9月1~7日だったが、9月30日~10月5日に変更する。入試日は9月25~27日の日程だったが、10月16~18日に変更する。新型コロナウイルスによる高校の臨時休校が長期化したことを受けた措置。学校推薦型選抜(推薦入試から改称)と一般入試の日程は変更しない。

 同大は総合型選抜を「プレゼン型」と「講義型」の2回に分けて実施する計画で、日程変更はプレゼン型のみ。講義を受けて理解度を測る講義型の選抜は予定通り12月に実施する。

 文部科学省は新型コロナウイルスによる休校を踏まえ、全国の国公私立大に入試日程を遅らせるよう通知していた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス