人事・訃報

上村豊・琉球大准教授が死去 54歳 アートを生かす街づくりに尽力 本紙で美術月評

上村豊氏

 琉球大学教育学部准教授(美術教育専攻)の上村豊(うえむら・ゆたか)氏が10日午後11時45分、病気のため那覇市内の病院で死去した。54歳。名古屋市出身。告別式は13日午後1時~1時30分、浦添市勢理客3の11の2、フェニックスホール那覇玉泉院で行われる。喪主はパートナーの平良亜弥さん。

 NPO法人前島アートセンターの理事やアトリエ「旧若松薬品ビル」、オルタナティブスペース「桐生森芳工場」の運営を務め、美術界の振興とアートを通した街づくりに尽力した。2014年8月~19年3月まで本紙美術月評の執筆を担当した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス