スポーツ

<熱闘・輝く青春>新体操男子、ただ一人の出場者

新体操男子個人でリングを使った演技をする南風原3年の比嘉省吾=24日、県総合運動公園体育館

 新体操 男子個人にただ一人出場した南風原3年の比嘉省吾。リングとロープの演技で曲に合わせて躍動した。
 新体操をしていた姉の発表会を見て魅力を知った。5歳から始め、競技人口が少ないながらも続けてきた。
 昨年、おととしは南風原の先輩と出て、3人で優勝を競う経験もした。最後の年は一人だけだったが、これで終わりではない。
 演技と演技をつなぐ細かい動作、体づくりや技術向上など課題はたくさんある。「もっと上達したい」。進学を目指す大学でも競技を続け、さらなる成長を誓う。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス