社会

沖縄市のコールセンター感染8人に 琉球海運は新たに4人

 沖縄市雇用促進等施設に入居する、トランスコスモスマーケティングチェーンマネジメントセンター沖縄コザで30日、新たに従業員3人の感染が確認された。同事業所で感染した従業員は計8人。運営するトランスコスモス(東京都)は同日から安全が確認できるまで、センターの業務を停止する。


感染者8人が確認されたコールセンターが入るビル=沖縄市

 また、琉球海運は30日、貨物船「しゅれいⅡ」に乗船していた海上職員4人の新型コロナウイルス感染が新たに判明したと発表した。同社は29日にも同船に乗船していた40代男性職員1人の感染を発表していた。4人は最初に感染した職員と同時期に乗船しており、接触があったという。同じ船から5人の感染者が出ており、クラスターの疑いがある。

 沖縄通信ネットワーク(OTNet)と沖縄銀行は30日、従業員1人が新型コロナウイルスに感染したとそれぞれ発表した。りゅうせきフロントラインも同日、いずれも20代男性従業員とアルバイト女性従業員の計2人が感染したと発表した。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス