スポーツ

KBC、2年生の東が八回に2度好打 終盤猛攻で決勝へ 県高校野球夏季大会

美里工業―KBC未来 8回表2死満塁、走者一掃の適時3塁打を放つKBCの3番・東大夢=1日、名護市のタピックスタジアム名護(又吉康秀撮影)

 今大会で初めて先制点を許したが、焦りはなかった。五回終了後のKBC未来のベンチ裏、神山剛史監督は「一度リセットして打撃でつないでいこう」とナインを鼓舞した。あらゆる試合展開を想定し、練習に取り組んできた。その準備が「終盤で発揮された」(神山監督)。

 2―4の八回裏、先頭の3番・東大夢が安打で出たのが反撃ののろしだった。長打に四球で打者一巡の一気の攻めで逆転する。なおも2死満塁でこの回2度目の打席の東が、右翼フェンス直撃の大きな当たりで走者を一掃し、この回だけで7得点と試合をひっくり返した。

 「本塁打にもなる球だった。まだまだ芯から球をとらえられていない」と好打にも反省した東は左翼の守備でも見せた。七回1死三塁で浅い飛球を捕ると、本塁の捕手喜多慧人への正確な送球でタッチアップの三走を刺した。

 2年生ながら、春から上位打線に座り今大会もバットで貢献してきた。一つ上の3年生5人の集大成を有終の美で飾るまで、残すところはあと1勝。

 「ここまで来たら3年生と一緒に笑顔で終わりたい」。創部6年目で、夏の県大会初の決勝進出を手にし、チーム一丸で頂点へ駆け上がる。

(上江洲真梨子)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス