社会

台風4号、石垣島の南を通過 先島諸島では暴風雨に注意【8月2日午後10時】

気象庁が2日午後9時に発表した進路図

 気象庁によると、台風4号は2日午後9時現在、石垣島の南約80キロの北緯23度40分、東経124度20分にあって、1時間におよそ15キロの速さで北北西へ進んでいる。

 中心の気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルで中心の東側330キロ以内と西側165キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 3日未明には西表島付近を通過し、午前9時には与那国島の北北東約120キロに達する見込み。先島諸島では3日昼前にかけて、雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となるとみられる。気象庁では、高波、高潮とともに注意を呼び掛けている。

 気象庁は2日夕方、台風4号の接近に伴い、沖縄県石垣市と竹富町に暴風・波浪の両警報を発令した。宮古島市、多良間村にも波浪警報を出した。夜遅くから翌3日朝までの警戒を呼び掛けている。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス