社会

FC琉球、知念哲矢選手がコロナ陽性 1日の岡山戦に帯同

 FC琉球は5日、ディフェンダーの知念哲矢選手に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が確認されたと発表した。7月31日のリーグの公式検査を受けたが、今月3日に陽性の可能性が高いとされ、同日になって微熱や頭痛を自覚した後に診断を受けた後で陽性と判定されたという。今月1日のファジアーノ岡山FC戦(岡山市・シティライトスタジアム)に帯同し、サブメンバーで登録されたが出場していない。

 FC琉球では4日に全員がPCR検査を実施し自宅待機している。症状を訴える選手はいないという。

 FC琉球は、今月8日には東京・味の素スタジアムで東京ヴェルディ戦が予定されている。今のところ開催の方向だが、6日にPCR検査の結果が出ることから、結果を受けて判断する。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス