社会
新型コロナウイルス感染症

南城、八重瀬、豊見城でも感染確認 園児と小学生、教職員の計5人

 【南部】南城市は4日、認可園に通う園児1人と市内の小学校に通う児童1人が新型コロナウイルスに感染したことを明らかにした。感染した2人はきょうだいで、7月末に家族が感染した。八重瀬町も町内の同じ小学校に通う児童2人が新型コロナウイルスに感染したと町教育委員会が発表。感染経路などを南部保健所が調査している。

 豊見城市教育委員会も市内中学校に勤務する教職員1人の感染を発表した。教職員は家族が感染者の濃厚接触者と特定されたため、1日にPCR検査を受け、3日に陽性が判明した。この中学校では消毒作業が実施された。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス