政治

知事が普天間視察「負担軽減会議」早期開催の意向 宜野湾市長「県は知恵を」

松川正則宜野湾市長(左)から説明を受け、米軍普天間飛行場(奥)を視察する玉城デニー知事(右)=4日、同市の嘉数高台公園

 玉城デニー沖縄県知事は4日、米軍普天間飛行場と嘉手納基地を、基地の外から視察した。それぞれの場所で宜野湾市の松川正則市長と嘉手納町の當山宏町長から騒音や航空機事故の危険性、悪臭など基地被害について説明を受けた。玉城知事は視察後に取材に応じ、政府と県、市が普天間飛行場の運用停止などを話し合う「普天間飛行場負担軽減推進会議」について定期的に開くのが望ましいとの考えを示し「ウェブ会議でも十分可能だ」と指摘した。

 玉城知事は宜野湾市の嘉数高台公園で普天間飛行場を視察した。松川市長は「危険性を一番懸念している」と訴えた。また「何らかの形で負担軽減ができるような取り組みを一緒にぜひお願いしたい」と強調し、負担軽減推進会議の作業部会を早期に開催できるよう協力を求めた。

 両者は普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡る立場が異なるが、玉城知事は視察後「(松川市長から)逆に『辺野古の問題で大変だと思うが』とねぎらいの言葉を掛けてもらった。一日も早い危険性除去や運用停止、早期閉鎖返還を目指す考えは同じだと改めて確認した」と語った。

 一方、松川市長は「(県の取り組みに)具体性がなく、知恵を出してほしい。譲歩できるような形の折衝、交渉ができないと進まないのではないか」と指摘した。

 玉城知事は嘉手納町では、ロータリープラザの最上階から嘉手納基地を視察した。當山町長は、民間地に近い元駐機場の区域「パパループ」を米軍が使って騒音や悪臭が増していることについて窮状を訴えた。その上で「一日も早く解決できるよう、知事からも働き掛けていただきたい」と求めた。

 玉城知事は視察後、取材に「嘉手納町の方で、さまざまな取り組みを進めていることについて県は協力する体制だ」と語った。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス